FC2ブログ

徒然さめざめ

思ったことを思ったときに思ったように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Robin起動しなくなった

2016 June Updateを入れたら、再起動を繰り返すようになった!

たぶんこの人と同じ問題。
Phone is on bootloop.

サポートにメールして、対応策を問合せ。

とりあえず、「Wipe data/factory reset」って言われたから、やってみたけどそれでも再起動を繰り返す。

折り返し問合せ中。

Googleアカウントとか独自のバックアップシステムがなく、IDとパスワードだけで移行管理しているアプリ復旧できるのかな…。
スポンサーサイト

nextbit robin

+Styleで手に入れた。

クラウドで自由を獲得する。サンフランシスコ発の次世代スマートフォン「Robin」 | ショッピング | +Style (プラススタイル) : クラウドファンディング

とりあえず使ってみての不満感。

* 最初のログインでWifiにつなごうとするが、WPS使えないから面倒
この機種専用の問題ではないと思うけど
* 最初のアップデートで再起動かかった時にフリーズった
電源ボタン長押しでも反応しない
のちに電源ボタン+サウンドボリュームの下を長押しで強制再起動&ブートメニューには入れることを知る
その後特に問題はないがこのせいで再起動が怖い。

* タッチの精度が悪い時がある。
但し、nexus7の絶縁処理問題ほどではない。

* 音がでかい
スピーカが二つフロントにあるせいかボリュームの最低メモリでも大きい。単純に仕様かもしれないが。

* アプリのクラウド保存
消したアプリが幽霊となって残ることがある。完全に消えてくれないの?
同期処理の問題?
格安SIMなので普段は使用しない。

* USB Type-C
変換ものは物によっては故障するらしいので調べた。
暫くはMicroUSBと併用するので変換機のお世話になる。
Anker の 【2個セット】Anker USB-C & Micro USB アダプタ (Micro USB → USB-C変換アダプタ

* 熱い
手が暑いんだ。

満足感
* 操作感はスペック通り。
* 指紋認証
前情報通り便利。
* GPSを捕まえるのがくっそ早い(Zenfone 2 Lazer比)
GNSS Viewみたら、もしかして準天頂衛星システム捕まえている?


とりあえずこれの所為で奇しくもSIMカードのサイズ変更手続きをする羽目に。
今回はここまで。この続きがあるかはわからないけど。

Redmine 1.2.1.devel から HEAD(Redmine 3.0.1.devel.14180)までのバージョンアップ

確認した環境は CentOS5.11、rvm使用

ruby 2.1 へバージョンアップ(インストール)
省略

bundlerが無ければインストール

gem install bundler --no-rdoc --no-ri


ImageMagick 6.9.1-1 のインストール
必要かどうかわかんないけどDL

yum install fftw3 openexr openexr-devel ghostscript-devel jasper-devel lcms2-devel libwebp-devel


wget http://www.imagemagick.org/download/ImageMagick.tar.gz
tar xvzf ImageMagick.tar.gz
cd ImageMagick-6.9.1-1
./configure --prefix=/usr
make
make install


redmine アップデート

svn update
config/database.yml のアダプターを mysql から mysql2 に変更
bundle install

bundle exec rake generate_secret_token
RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrat


プラグインとか入れてなければこれで一応おわりのはず。

* ImageMagickのアップデート
* mysql から mysql2 に変更
* 初めてruby2系を使う
* 同 bundle を使う

CentOS5で、MariaDB Client Library for C 1.0.0 Stableを使用してmysql のgemパッケージをコンパイルする方法

そもそも MaraDB-devel が GPLっぽいので、このパッケージは入れずにわざわざ手で入れる方法です。

https://downloads.mariadb.org/client-native/1.0.0/ から mariadb_client-1.0.0-Linux.tar.gz をダウンロード

tgzの展開

tar xvzf mariadb_client-1.0.0-Linux.tar.gz


ソースファイルやらをコピー

cd mariadb_client-1.0.0-Linux
cp -r mariadbclient/ /usr/local/
cp -r lib/ /usr/local/
cp -r bin/mariadb_config /usr/local/bin/


CentOS6のソースファイルを使用しているので、不整合を無理やりなんとかする
(openssl-devel 1.0以上を入れていると大丈夫な気もするがCentOS5のリポジトリには0.9.8なので)

ln -s /lib/libssl.so.0.9.8e /lib/libssl.so.10
ln -s /lib/libcrypto.so.0.9.8e /lib/libcrypto.so.10


バージョンIDがあわないので修正

vi /usr/local/mariadbclient/include/mysql_version.h
=> MYSQL_VERSION_ID 50302 を 40102 に変更


以下の方法で入れてみる

gem install mysql -- --with-mysql-config=/usr/local/bin/mariadb_config
Building native extensions. This could take a while...
Successfully installed mysql-2.9.1
1 gem installed
Installing ri documentation for mysql-2.9.1...
Installing RDoc documentation for mysql-2.9.1...


ちゃんと動くかどうかはまだ不明。

routingエラーが出た

コードレビュープラグインや、直接追加しているコントローラのせいでルーティングエラーが出た。

本家のRedmineでもチケットが作られている。
http://www.redmine.org/issues/9778


http://www.redmine.org/projects/redmine/repository/revisions/8162


しかしなんでこんな修正を入れたんだろ…?
面倒なだけじゃないのかなあ…? 続きを読む
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。