FC2ブログ

徒然さめざめ

思ったことを思ったときに思ったように

cppcheckをinstallしてみた記録

tar.gzのパッケージを展開後 make をしてみる。

g++ねーよ!って怒られたので入れる。


yum install gcc-c++


再度make

待ち...


lib/cppcheck.cpp:35:18: error: pcre.h: No such file or directory


ちょ。。。

pcre.hが入ってそうなパッケージを探す。


yum list|grep pcre
pcre.i686 7.8-3.fc12 @released/$releasever
gambas2-gb-pcre.i686 2.23.0-1.fc13.1 updates
mingw32-pcre.noarch 8.10-2.fc13 updates
ocaml-pcre.i686 6.0.1-2.fc13 fedora
ocaml-pcre-devel.i686 6.0.1-2.fc13 fedora
pcre-devel.i686 7.8-3.fc12 fedora
pcre-static.i686 7.8-3.fc12 fedora


ここで気づいたけど、これCentOSじゃなくてFedoraだった…。
それはさておき、 pcre-devel を入れる。


yum install pcre-devel



再再度 make

なんかwarningでたけどコンパイルできた!

後はmake installしてインストール。

確認

cppcheck -v
cppcheck: No C or C++ source files found.
cppcheck: error: could not find or open any of the paths given.
cppcheck -h
Cppcheck - A tool for static C/C++ code analysis


vオプションねーのかよ!
続きを読む
スポンサーサイト



RedmineのCodeReviewPluginを導入して出た問題

コードレビュープラグインを追加したら、なぜかタブメニューに2つ出てくるって現象が起きた。
権限設定の項目も同じものが2つずつ出てくるっていう。

たぶん原因は自分で導入してるパッチが悪いんだろうけど。

で、その調査記録。 続きを読む

作業時間の記録 の 活動 が多すぎ

多すぎるため選択するのが面倒なので、
TimeEntryからactivity_idの数で順位付けして、
よく使われるものを上に持って来ようと思って色いろ調べた。


TimeEntry.count(:group=>"activity_id").sort{|a,b| b[1]<=>a[1]}


これで、Activity と その使われてる数 の配列の配列が取得できる。

次にその配列を回して、TimeEntryActivityを順番にとるだけで実現できる。
あとactiveなものだけを取得。


TimeEntry.count(:group=>"activity_id").sort{|a,b| b[1]<=>a[1]}.map{|ai| ((tea = TimeEntryActivity.find(ai.first)) && tea.active) ? tea : nil }.compact

続きを読む