FC2ブログ

徒然さめざめ

思ったことを思ったときに思ったように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールからRedmineを操作するドキュメントの訳

英語をわからない人間が適当に訳してみた。


http://www.redmine.org/wiki/redmine/RedmineReceivingEmails

How it works
メールで操作する方法

When receiving an email, Redmine uses the From address of the email to find the corresponding user.
Redmineが受け取ったメールはFromアドレスからユーザを探します。
Emails received from unknown or locked users are ignored.
ユーザがロックされていたりいなければメールは破棄されます。

If the email subject contains something like "Re: [xxxxxxx #123]", the email is processed as a reply and a note is added to issue #123.
メールの件名が "Re: [xxxxxxx #123]" のような形式なら, #123のチケットに注記として追加されます。
Otherwise, a new issue is created.
#123 のチケットが無ければ、新しいチケットを作成します。


Target project
メールで操作できるプロジェクトの指定
The target project can be specified using the project option when receiving emails.
Redmineがメールを受け取る際、プロジェクトオプションを使用することでメールで操作するプロジェクトを指定できます。


If you don't use this option, users have to specify in the email body which project the issue should be added to.
もしユーザがこのオプションを使用しないと、ユーザがメール本文の内容でどのプロジェクトかを指定する必要があります。

This can be done by inserting a line in the email body like this: "Project: foo".
メールの本文にこのような1文を記入します。"Project: foo"

Example (email body):
例(メール本文):


This is a new ticket that will be added to project foo.
プロジェクトfoo にこのチケットを新規に追加します。
Here we have the ticket description
ここにチケットの詳細を記入します
[...]

Project: foo #foo は プロジェクトのID名


You can set a default project using the project option and let users override this default project by using the allow-override option when receiving emails.


Example:
例:

# Create issues on project foo by default
デフォルトでプロジェクトfooに新しいチケットを作成する

rake redmine:email:receive_imap [...] project=foo allow_override=project

Of course, user permissions are checked and this email would be ignored if the user who sent this email is not allowed to add issues to project foo.
もちろん、ユーザ権限をチェックし、メールを送ったユーザがプロジェクトfooへチケットを追加できないのであればメールは破棄されます。

Make sure that the target project doesn't use required custom fields with no default value for its issues, otherwise the creation of the issue will fail.
かならず、対象のプロジェクトはデフォルト値がないチケットのカスタムフィールドを使わないようにしてください。
そうでなければチケットの作成に失敗するでしょう。

Issue attributes
チケットの属性

Based on the options you use when receiving emails (see allow-override option), users may be able to override some attributes when submitting an issue.
チケットを投稿したときに送られてくるメールを元にして、ユーザはオプションを使うことでチケットの属性を変更することができるかもしれません。


This can be done by using the following keywords in the email body (just like Project): Tracker, Category, Priority, Status.
メール本文で以下のキーワードを使用することで可能となります(Project と同じように)。Tracker, Category, Priority, Status.

Example (email body):
例(メール本文):


This is a new ticket that overrides a few attributes
このチケットはいくつかの属性を変更します。
[...]

Project: foo #foo は プロジェクトのID名
Tracker: Bug
Priority: Urgent
Status: Resolved
Watchers



If the user who sends the email has the 'Add issue watchers' permission,
もしメールを送るユーザが チケットに監視者(旧ウォッチャー) を追加する権限を持っているなら、
users that are in To or Cc field of the email are automatically added as watchers of the created issue.
メールのToかCcに含まれているユーザは作成したチケットに自動的に監視者として追加される

Email format and attachments¶
メールのフォーマットと添付について

Redmine tries to use the plain text part of the email to fill the description of the issue.
Redmineはメールのテキスト部分をチケットの説明にしようとします。
If a HTML-only email is received, HTML tags are removed from its body.
もし、HTMLだけのメールを受け取ると、メール本文からHTMLタグを削除します。

Email attachments are automatically attached to the issue,
メールの添付ファイルはチケットに自動で添付されますが、
unless their size exceeds the maximum attachment size defined in the application settings.
Redmineの最大添付可能サイズ指定を超えるファイルは添付されません。


> Project: foo
本文にも追記しているが foo の部分はプロジェクト名ではなくて識別子の名称を使用。


> Tracker: Bug
> Priority: Urgent
> Status: Resolved

この Bug とかは使ってる環境で変わる。

設定している トラッカー名 にしなくてはいけない。

例えば、 バグ という名前のトラッカー名なら バグ と書かなくてはいけない。
しかし、 Tracker: の部分はそのままにしなくてはならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fmkt.blog65.fc2.com/tb.php/119-bbc712a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。