FC2ブログ

徒然さめざめ

思ったことを思ったときに思ったように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS6.0 にRedmineを入れてみる

CentOS6.0もリリースされたので。
ついでだしRedmine 1.2.1 を。

試験環境はVirtualBOXにて。

1. Rubyのインストール


wget http://core.ring.gr.jp/archives/lang/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p352.tar.gz

tar xvzf ruby-1.8.7-p352.tar.gz
cd ruby-1.8.7-p352
./configure --prefix=/usr


以下のようにしてたりないパッケージを探して入れておくのもいい
とくにopenssl-develとかreadlineとか。
./configure --prefix=/usr|grep no

make
make install

ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [i686-linux]


2. rubygems のダウンロード


wget http://rubyforge.org/frs/download.php/74445/rubygems-1.6.2.tgz
tar xvzf rubygems-1.6.2.tgz
cd rubygems-1.6.2
ruby setup.rb


3. Railsのインストール

gem install rails -v=2.3.11

...
Successfully installed rake-0.9.2
Successfully installed activesupport-2.3.11
Successfully installed activerecord-2.3.11
Successfully installed rack-1.1.2
Successfully installed actionpack-2.3.11
Successfully installed actionmailer-2.3.11
Successfully installed activeresource-2.3.11
Successfully installed rails-2.3.11
8 gems installed
...

gem install rake -v=0.8.7
gem uninstall rake -v=0.9.2


4. MySQL インストール
sunからダウンロードした方がいいけど、試験で入れるだけのため面倒なのでyumでインストール


yum install mysql mysql-server mysql-devel
/etc/init.d/mysqld start


5. その他のgemパッケージのインストール


gem install mysql
gem install -v=0.4.2 i18n


6. Redmineのインストール


wget http://rubyforge.org/frs/download.php/75097/redmine-1.2.1.tar.gz
tar xvzf redmine-1.2.1.tar.gz
mv redmine-1.2.1 redmine
cd redmine
mv config/database.yml.example config/database.yml
vi config/database.yml


mysql の箇所だけ残す
面倒なのでdevelopmentのdatabaseも redmine_development から redmine にしておく。
試験環境なのでアクセスユーザもrootのまま。

データベースの作成

mysql -u root -e "create database redmine"



mv config/configuration.yml.example config/configuration.yml



rake generate_session_store



RAILS_ENV=production rake db:migrate



RAILS_ENV=production rake redmine:load_default_data


7. iptables の設定
デフォルトだとファイアーウォールが設定されているので、とりあえずクリアしておく。

iptables -F
service iptables save

8. webサーバ起動

ruby secript/server

9. アクセス

http://sample.com:3000/ にアクセス(適宜ホスト名は変更)

10. 設定

admin:adminでログイン

administration にアクセスすると
デフォルト設定をロードする選択があるのでJapanaseでも選択しておく。

my account にアクセスしてlocaleの変更しておけばほかのメッセージも日本語にもなる。

情報を見ると
Redmine 1.2.1.stable (MySQL)
となっている。

一応これで終了。SCMの設定は config/configuration.yml などで行う。



おまけ。

RMagickが使用可能 が有効でないのでついでに有効にする。

11. Rmagickのインストール
CentOS6.0のパッケージバージョンは ImageMagick-6.5.4.7-5.el6.i686.rpm になるそうだ。

yum install ImageMagick-devel
gem install rmagick


最終的なgemlist

# gem -v
1.6.2

# gem list

*** LOCAL GEMS ***

actionmailer (2.3.11)
actionpack (2.3.11)
activerecord (2.3.11)
activeresource (2.3.11)
activesupport (2.3.11)
i18n (0.4.2)
mysql (2.8.1)
rack (1.1.2)
rails (2.3.11)
rake (0.8.7)
rmagick (2.13.1)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fmkt.blog65.fc2.com/tb.php/181-c6236071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。