FC2ブログ

徒然さめざめ

思ったことを思ったときに思ったように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS5で、MariaDB Client Library for C 1.0.0 Stableを使用してmysql のgemパッケージをコンパイルする方法

そもそも MaraDB-devel が GPLっぽいので、このパッケージは入れずにわざわざ手で入れる方法です。

https://downloads.mariadb.org/client-native/1.0.0/ から mariadb_client-1.0.0-Linux.tar.gz をダウンロード

tgzの展開

tar xvzf mariadb_client-1.0.0-Linux.tar.gz


ソースファイルやらをコピー

cd mariadb_client-1.0.0-Linux
cp -r mariadbclient/ /usr/local/
cp -r lib/ /usr/local/
cp -r bin/mariadb_config /usr/local/bin/


CentOS6のソースファイルを使用しているので、不整合を無理やりなんとかする
(openssl-devel 1.0以上を入れていると大丈夫な気もするがCentOS5のリポジトリには0.9.8なので)

ln -s /lib/libssl.so.0.9.8e /lib/libssl.so.10
ln -s /lib/libcrypto.so.0.9.8e /lib/libcrypto.so.10


バージョンIDがあわないので修正

vi /usr/local/mariadbclient/include/mysql_version.h
=> MYSQL_VERSION_ID 50302 を 40102 に変更


以下の方法で入れてみる

gem install mysql -- --with-mysql-config=/usr/local/bin/mariadb_config
Building native extensions. This could take a while...
Successfully installed mysql-2.9.1
1 gem installed
Installing ri documentation for mysql-2.9.1...
Installing RDoc documentation for mysql-2.9.1...


ちゃんと動くかどうかはまだ不明。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fmkt.blog65.fc2.com/tb.php/188-f99d778a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。